ビジネスブログ | ムエタイ体験・タイ旅行のことなら、くるんトラベルへお問い合わせください。

くるんトラベル
本場タイでムエタイ現地体験
ブログ
2017年11月07日 [Default]
先月10月21日にシンガポールの高島屋前で開催された中国武術散打大会。後日にはライオンダンス、ドラゴンダンス、武術の型の部のパフォーマンスもあり、反響が良かったようです。散打のルールを知りたい。海外で学びたい等のお問い合わせが結構ありました。中には某キックボクシングジムAトレーナーなんか今頃になって「うちの○○参加させたかったのに何で声掛けてくれないんだ?」等々。7月頃一番にお声掛けさせていただいたのに「何だそりゃ?」と言われたのを今でも覚えてますよと言ったら「そうだっけ?」で終わってしまいましたが…。それはさておき簡単ではありますが、散打ルールをご説明させて頂きます。今大会に関しては、2分2ラウンド、防具着用ですのでノックアウトを狙うよりは基本的にポイント制です(パンチ1ポイント、キック2ポイント、投げ技3ポイント)肘打ち、膝蹴りは禁止。擂台と呼ばれる対戦ステージから3回落下したらその時点で負けになります。何年か前のアジア大会トーナメント(確かベトナムのハノイ大会)で50KG級のタイのムエタイ選手が参加し、相手のベトナム選手をなめてる様子でしたがプッシュされて簡単にステージから3度落下し、負けになりました。どうやらそのムエタイ選手はルールを知らなかったらしく、何で負けになるんだ?とレフェリーと揉めてました(笑) その後、60KG級のムエタイ選手はルールを聞かされ、ムエタイ流の強力なミドルキックをバンバン放ち、胴にプロテクターをしてるにも関わらずKOしてしまい、ブルッた2回戦、3回戦の相手は棄権し、優勝してしまいました。次回は是非我が日本人ファイターも参戦させたいと思います。中国武術散打関係者から聞きましたが日本人散打選手見たことないと言っており、参加したら結構有名になるかも知れません。タイからもムエタイ選手何度も参戦しております。ルール違いでのムエタイ選手とのムエタイ体験・対戦も面白いのではないかと思います。今回もバンコクから男女各1名参戦しました。格闘技チャレンジャー何時でもお待ち致しております。

擂台散打大会

2017年11月02日 [Default]
 某事務所所属のモデルさん4名認定証取得プログラム3日間ご参加参戦…頂きました。
美を求めるモデルさんだけあり、動きがとてもスムーズで覚えも早かったようです。聞いてみると色々とトレーニングをされているようでザッとエアロビクス、ホットヨガ、ジム、ボクササイズ…さすが。4人共無事合格!認定証発行されました。弊社問い合わせに結構ある質問で、高齢なんですが体験出来ますか?子供と一緒に体験したいです。女性一人ですが…未経験ですが…。認定証取得プログラムは初心者、観光者向けにイングラムジムさんと開発したプログラムで、ムエタイ選手が日々鍛錬されている基本的な技を3日間体験して頂き、ムエタイ選手になった気持ちになって励まれ、選手の日々の生活の1部であるトレーニングをご理解頂くのも趣旨の一つとなっております。途中で諦めたり、態度の横柄は人でない限り、大丈夫です。その人の体力に合ったプログラムを構成致します。4人の合格したモデルさんはその後ムエタイ観戦に行かれ、翌日はルーシーダットン(タイ式ヨガ)の1日体験と、エステサロン、ネイルショップ、パクチーたっぷりタイ料理のお店をご紹介させて頂き、体験されたようです。タイ旅行満喫されているようでした。バンコクお気に入りになったとの事です。お疲れさまでした!Muay Thai Challenge

2017年10月27日 [Default]
 2002年3月、タイ国スクムビット Soi49に元ムエタイ選手であった★鈴木秀樹氏によりオープン。
在タイ外国人や観光客にもタイの国技であるムエタイの練習に参加出来る様、又合宿や1日体験入門が可能なジムとして開設。敷居の高かったムエタイを一般の方々に開放する一方、プロのムエタイ選手育成にも力を入れ、2006年6月には外国人経営のムエタイジムとしては初となるルンピニースタジアム(ムエタイ2大殿堂メジャースタジアムの一つ)のチャンピオン、サガットペット・イングラムジム(タイ)を輩出することに成功。2013年7月には、もう一つのメジャースタジアムであるラジャダムヌンスタジアムで、所属の欧米人選手(ジョス・メンドーサ/ブラジル)をスタジアム設立70年の歴史上、欧米人としては史上初となる同スタジアムの王座を載冠させ、2大殿堂スタジアム両方にてイングラムジムよりチャンピオンを輩出する。

 又、ジム設立以前からムエタイの普及・振興の為、日本での興行、大会にタイのトップ選手たちを派遣するコーディネートをしており、2004年には当時最大規模の大会であったK-1 MAXにブアカーオ・ポープラムック(現ブアカーオ・パンチャメーク)を送り込み、初出場・初優勝という快挙を実現。ムエタイ最強を世界中にアピールすることに成功し、ムエタイ普及に大きく貢献する。

 2007年9月1日には、バンコク国立競技場内において外務省認可『日タイ修好120周年記念興行』を主催し、所属選手のダーウサミン・イングラムジム(タイ)がWPMF世界スーパーフライ級王座を獲得。

 現在では上記の各プログラムも随時継続しており、さらに日本人の学生が単身で渡タイ、ジムに寄宿し、インターナショナルスクールに通い、ムエタイにも取り組む『文武両道プログラム』を開設。今までに3名の卒業生を、それぞれ慶應義塾大学、関西学院大学、バンコク大学に合格させ、送り出している。(現在1名の生徒が寄宿、インターナショナルスクールに通い、プログラムに参加中。)

★鈴木 秀樹(すずき ひでき)1970年宮城県仙台市出身。
宮城県立柴田高等学校 体育科在学中の17歳の時、仙台青葉シムからプロデビュー。
東京のジムに移籍後、全日本ライト級3位、ウェルター級2位となるが、ムエタイ合宿と試合で度々訪れていたタイ国に1996年から移住。現地企業の人材紹介会社日本人スタッフとして勤務しながらムエタイを続けるも、試合中に頬骨陥没の大怪我を負い、引退を決意する。1999年から自ら現地法人を立ち上げ、ムエタイのコーディネートやムエタイ日本語情報誌の発行を経て、2002年3月にイングラムジムを設立。外国人オーナーとして初の二大メジャースタジアムのチャンピオンを輩出。ムエタイ普及の貢献等の実績が認められ、ムエタイ世界機構のランキング委員となる。タイでの活躍が注目され、NHK 『関口 知宏のファーストジャパニーズ』にて特集番組が放映された。(2008年6月)
Buakaw2004サガットペットジョス・メンドーサダーウサミンジョイシーラジャ王座獲得Ingram chairman Mr.Suzukiイングラムジム 鈴木秀樹会長

2017年10月26日 [Default]
 東京のとある品のあるエリアの某大手企業の幹部の方5名に幹部研修にムエタイ1日体験を組み込んで頂きました。有難うございました。
やはり企業幹部ともなると、気品が良くて礼儀も正しく、ムエタイを体験して頂き、誠に有難うございましたと、現地からもお礼を伝えてくれと再三言われました。今後帰国されて益々の事業繁栄をご期待致しております。以前、2,3年前だったかな?記憶が乏しいですがとある日系企業の社員旅行だか団体旅行だか忘れましたが、タイ王室御用達の避暑地ホアヒンでフリチンでビーチにて輪になっただかスクラム組んだとか…?ありましたね。団結力を深めるのはいいですが、周りに迷惑極まりない行為は良くありませんね。今回幹部研修にて、ムエタイ1日体験頂いた方々はジム内のタイ人コーチ、選手などからも評判が良かったです。さすが幹部!ムエタイ体験にて汗を流した後にジム近くのビエンチャン料理レストランで打ち上げにビールで乾杯し、研修終了したとの事です。本当にお疲れさまでした!
幹部研修幹部研修2

2017年10月23日 [Default]
ASIAN SANDA CHAMPIONSHIP in SINGAPORE 南国の熱気を浴び無事終了致しました。観戦ツアー参加されました皆様、そして大会関係者の皆様、大変お疲れさまでした。シンガポール暑い!そして会場の盛り上がりで熱い!とギャグなのか本気で言っているのかよく分からなかった添乗員のYさんにも色々とお気を配り頂き、有難う御座いました。5回ぐらい聞きましたが誰も無反応でした…。今回は日本人選手不参加ではありましたが、次回は是非チャレンジャーお待ち致しております。色々とサポートさせて頂きます。この後、ムエタイ体験でバンコクに行かれるF様御一行様、気をつけて行ってらっしゃい!空港にはお迎えがいらっしゃいます。ムエタイ観戦もお忘れなく!今回ムエタイ体験、中国武術散打観戦にご参加された方に何名か散打練習を体験したいという方いらっしゃいました。今後定期的に制作致します。すぐにでも散打体験されたいという方、取り敢えずくるんトラベルにご連絡下さい。電話、FAX,メール何でも構いません。お問合せなどお待ち致しております。
散打獅子Board新加坡武術概歴武術SANDA FIGHT2

2017年10月17日 [Default]
シンガポール武術総会50周年武術交流会がシンガポールのメインタウン、オーチャードロード沿いの高島屋オープンスペースにて10月21日(土)午後7時30分から開催します。アジア各8カ国の散打選手が結集し、全7試合が開催されます。実はこの大会、先月9月17日開催予定でしたが、F1シンガポールGPと開催が重なり、F1と同時開催じゃ誰も来ないんじゃないのか…と思ったのはどうやら私だけではなかったようです…。その後スケジュールがやはり変更になり、本開催を打つ事となりました。シンガポール武術のナショナルチームはこの大会に掛ける意気込みが強く、本土中国から講師を招き、かなり練習しているようです。日本選手も出せないかとシンガポール武術龍獅総会代表、黄 文福氏より問い合わせがあり、某キック関係者、空手道場何件か当たりましたがアマチュアの大会ですので待遇面が何ともマッチしませんで、ご要望にお応えする事が出来ませんでした。お問い合わせ頂いた武道家の方々にも今後ご要望にお応え出来るよう努力して参ります。申し訳ございませんでした。
最近、フィジカル面でとても強靭なイメージのある中国武術の散打選手!今後、今大会よりスター選手が出る希望も添えて、対戦カードを下記に記しておきます。尚、観戦無料ですのでシンガポールご滞在の方、ご旅行される方、お気軽にご観戦下さい!

  【新加坡武術総会50周年武術交流会 ASIAN SANDA CHAMPIONSHIP】

第一試合 52kg男子
DO VAN HIEU(ベトナム)   VS   LEE WEI LOONG(マレーシア)
第二試合 56kg男子
NICK ANG KOK MING(シンガポール)   VS  CHEN CHIEN HAO(マカオ)
第三試合 52kg女子
GRACE SOH WAN TING(シンガポール)  VS   SIRILUK KAWCHA(タイ)
第四試合 65kg男子
WACHARA SUNTHORN(タイ)   VS    MUHAMMAD FADU ULUMUDDIN(インドネシア)
第五試合 56kg女子
THANIA KUSUMANINGTYAS(インドネシア)  VS  NGUYEN THI QUI(ベトナム)
第六試合 60kg女子
UU WEI XIA(中国)     VS     TRAN THI MY DUYEN(ベトナム)
第七試合 70kg男子
SHI ZHONGLE(中国)    VS    PAWAN GUPTA(インド)
70kg
SHI
65kg
WACHARA
56kg

2017年08月29日 [Default]
『くるんトラベル』はあなただけの思い出に残る旅をカスタマイズいたします。本場タイで一生忘れられない体験を。ムエタイに興味ある方はぜひお問い合わせください。

PageTop